主婦でも条件によってキャッシングが利用できる!

主婦にとっては、毎月発生する家計簿のやりくりが悩みの種となります。旦那さんが毎月決まったお給料を持ってきてくれるサラリーマンなら、ある程度の予測を立てて家計のやりくりが可能なのですが、日雇いや仕事が安定しない旦那さんのサポートをしている場合は、どうしてもマイナスが出てしまう月もあります。

そんな場合に限って学校費やお祝い金など、急な出費が重なるということもあるのですが、主婦でも利用できるキャッシングサービスを上手に活用すれば、ピンチを切り抜けることができますので、ぜひ参考にしてください。

わずかだが、自分にも収入がある場合

主婦業をこなしながら、パートやアルバイトとして毎月の収入がある場合は、自分の収入に見合ったキャッシングローンを利用することができます。

その際には、家族に内緒で利用することもできますので、家計簿のピンチを知られることなく、金銭的に厳しい時期を乗り切ることができます。

もちろん利用前には、きちんと申請の段階で利用可能額の提示がありますので、自分で把握しつつ、返済計画もきちんと立てることが大切です。

自分の収入はないが、旦那さんの同意が得られる場合

家事や育児を中心に生活を送っている専業主婦であっても、配偶者となる旦那さんの同意が得られれば、キャッシングローンを利用することが可能です。

その際には、事前に旦那さんの同意書を準備する必要がありますので、利用を検討している専業主婦の人は、どのような同意書が必要なのかを確認してから申請に出かけると、スムーズにキャッシングローンを利用できますので、おすすめです。

自分の収入はない上に、旦那さんの同意が得られない場合

自分の収入がまったくない上に、旦那さんからの同意が得られない場合は、総量規制対象外となる銀行のカードローンが利用できます。この場合、どの銀行でも同じように利用できるわけではありませんので、予め自分が利用できる銀行を探すことが必要になります。

また、申請には時間を要する可能性が高いので、余裕を持って申請してください。

ページの先頭へ