幅がある適用金利の仕組み

キャッシングを利用する時に、誰もが一番気にするのが金利ではないでしょうか。親や友人からお金を借りる時は、利息など払わないのが普通です。しかし、消費者金融などのキャッシング、カードローンとなるとそうはいきません。元金にプラスして利息を払うことになります。できるだけ利息は少なくしたい、と考えるのが共通の願いでしょう。

幸い、個人向け融資の金利は法律で上限が決められており、各社ホームページにも明記されています。借りる前にもちろん金利を知ることができます。誰もが金利を比較し、少しでも低いところを選ぼうとします。しかし、ここで困ったことが起こります。各社が公開している金利には、大きな幅があります。4.5%〜17.8%というように、上と下では大違いです。まるで求人の給与額が15〜28万と差があるのと同じように、これではなんの参考にもなりません。

しかし、これは仕方がないことです。融資額、融資限度額、あるいは人によって適用される金利が異なるからです。もちろん借りてみるまで金利が分からない、というわけではありません。融資実行にあたっては必ず適用される金利を確認することができます。ただ、どのキャッシングを選ぶか迷っているのですから、申し込む前に金利を知りたいと思うでしょう。

安心してください。ホームページをよく見ると、適用金利の条件が書いてあります。50万円までは17.8%、700万円以上は4.5%など、実際に融資する金額によって適用される金利が変わるのが一般的です。借入金額が少ないほど高い金利になるのはどこの金融機関でも同じですので、金利を比較するなら上限を見るようにしましょう。

数百万円という多額の借入をする人は少ないでしょうから、まずは上限に近い金利が適用されるはずです。 ただ、融資額による適用金利にも幅を持たせている業者もあります。50万円以下は15.6〜17.8%などです。基本的には融資額が少ないほど高い金利という考えで良いですが、中には申込者の属性、返済能力などから個別に適用する金利を設定している業者もあります。

いずれにしても、あまり都合良く考えず、幅がある場合は上限が適用されると考えておいたほうが無難です。

ページの先頭へ